葬儀場の選び方

規模や宗教、場所などを考慮して葬儀場を選びます。予算によって公営のものを選んだり、葬儀社が保有する民営の葬儀場が選ばれます。

今話題の様々なスタイルの葬儀とは

一般葬で広く執り行う

故人の友人や会社関連の人など、生前にゆかりのある方が参列し、形式にもこだわります。

家族葬は近親者で行う方式

親族や故人とごく親しい友人だけで行う、小規模なお葬式であり、参列者の数や費用を見積もりやすい。

火葬だけのシンプルな直葬

経済的に余裕がなかったり、遺族の希望によって通夜、告別式を行わず火葬だけで行う方式です。

自由な形式のオリジナル葬

儀式や宗教にこだわらず自由な形式で執り行うお葬式です。スタイルや内容を友人や遺族で決めていきます

お別れの会で故人を偲ぶ

葬儀を近親者だけで済ませた後に、あらためてゆかりのある会社関連や一般の方が参列する会です。

気持ちの整理をする

葬儀会場

葬儀は故人のために行う儀式ですが、それだけではありません。遺された遺族が気持ちの整理をつけるために行うものだとも考えられています。故人と遺族の双方のために行うと考えておくと良いでしょう。最近では一般葬も減少してきています。親族のみで執り行う家族葬が増加をしており、葬儀会社のプランも家族葬が増えてきています。斎場に関しても家族葬向けのところが増加をしており、横浜市内でも家族葬専門の斎場を増設するなど、需要が高まっています。費用に関しても一般葬であればまとまった大きなお金が必要になりますが、家族葬の場合には費用も抑えることができます。それだけではなく、落ち着いた雰囲気の中で故人を見送ることができるというメリットもあります。一般の斎場でも家族葬を行うことができるようになっているので、横浜市内で便利だと感じるところをチェックしてみるのもよいでしょう。色々な斎場があるので、事前に内覧を行っておくのもよいでしょう。

公営の施設を利用する

お線香

横浜市民であればリーズナブルな価格で葬儀を執り行うことができる、公営の斎場もあります。市民であることを条件にしているので、在住であれば利用をすることができます。近年では葬儀にかける必要もできるだけ抑えたいと考えている人が増えてきているので、費用のことを考えるとキチンとしたお見送りができないだろうと考えてしまう人もいます。公営の斎場を利用することによって大幅にコストを抑えることができるので、希望に沿う葬儀を執り行うことができるかもしれません。事前に見積もりを出してもらうことも可能になっていますし、予算を提示した上でプランを考えてくれる場合もあるので、まずは相談をしてみるとよいでしょう。後悔しない葬儀を行うことも大切です。