HOME>オススメ情報>葬儀の前後に準備すべきことや必要なことを知っておきましょう

葬儀までに準備しておくこと

葬儀社(例えば相模原の業者)に連絡後、遺体を安置施設に搬送し、死亡届の提出、火葬許可証の受け取り後、葬儀の形式や日程を決めます。

葬儀後に必要なこと

葬儀社との間で葬儀費用の精算

業者からの葬儀費用に関する内容を精査して精算をします。

四十九日の法要の準備をする

四十九日の法要を行うための日程を決めて、案内状を送付します。

墓地探しと墓石作りをする

すでに墓地がある以外は、墓地探しと墓石作りをします。

仏壇と位牌を用意する

白木の位牌から本位牌にするのは、四十九二日の法要までにします。

遺骨の供養(納骨)をする

四十九日の法要に納骨します。納骨堂や自宅供養などの方法もあります。

手厚いサポートが魅力

葬儀会場

冠婚葬祭の中でも、最も難しく頭を悩ませるのが葬儀・告別式だと言われています。亡くなるまで時間的な余裕があればまだしも、急死の場合はパニック状態に陥ってしまいます。それをサポートしてくれるのが、相模原の葬儀社ではないでしょうか。

葬祭ディレクターが常駐

数珠

身近な人が亡くなってしまうと、喪主や親族は目が回るような忙しさになります。短時間で決めなければならないことが多くあり、それだけで気が滅入ってしまうことがあります。近年、相模原の葬儀社では、互助会制度を設けるところが増えています。あらかじめ加入をしておくことで、様々な特典を得ることが出来ます。祭壇や棺桶の割引き制度もありますし、葬祭場の見学会も開催されています。普段は見られない葬儀・告別式の裏側を、隅々まで知ることが出来ます。

法要のサポートも安心

香典

葬儀・告別式で神経を使うのが、参列者への対応だと言われています。葬祭場への案内やお茶出し、それらの対応は全て葬儀社に任せることが出来ます。また、その後の法要に関しても万全のサポート体制です。供花やお供えの種類も充実していて、故人と家族のために全力を尽くしてくれます。費用に関しても、事前に十分な説明をしてくれるのが相模原の葬儀社の特徴です。空前の終活ブームが訪れていますが、頭の片隅には葬儀・告別式のことを置いておくべきです。